研究分野

JAXA宇宙科学研究所に属する川勝研究室は宇宙機の運動を議論するアストロダイナミクス・軌道力学分野,とりわけ深宇宙探査ミッションの軌道設計を中心に研究を行っています.深宇宙探査ミッションとは,地球を離れ,月や他の天体を探査する宇宙ミッションを指します.

探査機の軌道設計において基本となるのはニュートンの万有引力の法則です.特に太陽等の天体に対する探査機の力学は,二体問題で記述することができ,軌道設計における基礎となります.

近年では,計算能力の向上やイオンエンジンの登場といった科学技術の発展に伴いより高度な軌道設計が可能となり,二体問題の枠組みを超えた軌道設計に関する研究が盛んに行われています.スイングバイ三体問題の利用,そしてイオンエンジン等の低推力推進を利用した軌道設計により,小さなエネルギーで目標へ到達することができるようになります.川勝研究室では,それらのテーマを中心に研究を行っています.以下ではいくつかの研究内容を紹介します.

スイングバイ

軌道部品接続法 +

ロバスト軌道投入 +

ティスラン図と衛星ツアー +

低推力推進

シーケンシャルEDVEGA +

スパイラル軌道 +

三体モデル下の電気推進軌道設計 +

三体問題

ハロー軌道と力学系理論 +

ハロー遷移軌道と月スイングバイ +

地球圏内の低エネルギー遷移軌道 +



最近の主な論文・発表

学術論文 (Selected)

国際会議 (Selected)

国内会議 (Selected)